スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



スチームモップはシャークスチームモップだよ

もう本格的に秋になってきました。

床掃除などは、バケツに水入れて雑巾で拭く・・・と言うのが従来の方法だったのですが、秋が終わって冬が来ると、バケツの水も冷たくなって嫌ですね。

それに雑巾掛けは段々とバケツの水が汚くなってくるのであまり衛生的とはいえませんね?

シャークスチームモップを使うと冬に冷たい水を使わずに床掃除が出来ますし、スチームで除菌しますのでとっても衛生的です。








シャークスチームモップだとバスルームの壁や床、タイルなども綺麗に除菌できるので、体を洗う場所のバスルーム掃除にも最適ですね。

シャークスチームモップは軽量なのでとっても使いやすくて便利です。

これから雑巾掛けじゃなくてスチームモップを使おうかな~?と思っている方にはシャークスチームモップがおすすめです。

テーマ:日用雑貨 - ジャンル:趣味・実用

2012.11.19 | | シャークスチームモップ ベーシック



シャークスというブランドについて

日本でシャークスチームモップで有名になった「シャーク」というブランドは、元々はミシンで有名なユーロプロ社のブランドの1つだったらしいです。

このブランドは衣料用のアイロンなども販売していたのですが、そのアイロンのスチーム技術をさらに発展させてスチームクリーニングの技術を確立したそうです。

アイロンからスチームモップへと発展していったなんて面白いですね。

よく考えれば、タンクの水を高温でスチームにして噴出す点では全く同じ理屈なので、意外とすぐにスチームモップが開発できたのかもしれませんが、水蒸気で汚れを浮かせてクリーニングすると言う発想はなかなか思い浮かびません。

雑巾で床拭きするのはとても疲れてしまいますから、やはり立ったまま掃除できるモップスタイルがユーザーには優しいです。

そんな中からシャークスチームモップが生まれてきたのではないでしょうか?








今は、メインの定番であるシャークスチームモップ ベーシックが売れていますが、最近はスチームモップとハンディスチームクリーナーのオールインワンが販売されています。
これからもドンドンと技術も進歩して新しい製品が開発されていくのでしょうね。

テーマ:日用雑貨 - ジャンル:趣味・実用

2012.11.19 | | シャークスチームモップ ベーシック



ペットの臭いにシャークスチームモップ

シャークスチームモップは、いわゆるスチームモップの代表的な製品になりますね。

購入者の口コミや評価を読んで見ると色々な事が分かります。

まず、ペットを飼っているご家庭には最適なアイテムだと言う事です。その理由は、シャークスチームモップを使って掃除すると臭いが消えてなくなるらしいですね。

ですから、ネコや犬などペットを部屋の中で飼っているご家庭には、ペット臭を取り除くと言う意味ではかなりメリットがあるのだと思います。







実際、私の家にも昔、ネコがいましたが、やはりネコは動物の臭いが強かったです。

慣れてしまえばある程度は大丈夫だったですが、お客さんが来た時などは、お客さんが臭いと思わないのか心配しました。

それに、家のネコは、食事が済んだら外へ遊びに出ていましたので泥脚で帰ってきていましたから部屋の中はかなり汚れてしまいました。

シャークスチームモップで床やカーペットを掃除すると除菌効果があるのでバイキンを殺菌してしまって臭いも消してくれるので非常にメリットがあると思います。

ペットを飼っているご家庭には必ず必要なマストアイテム的な存在ですね。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

2012.11.19 | | シャークスチームモップ ベーシック



ロボ掃除機ルンバは凄い

皆さんはもうルンバというロボット掃除機を知っていますよね。

ルンバが販売開始されてからもう10年経つのだそうですよ。

私は、ついこの間販売開始されたような感じでしたが、10年と言うのはアッという間ですね。






今では同じようなロボ掃除機がいろいろなメーカーからも販売されているようです。

昔は価格も高いようなイメージがありましたが、今では一番安いのでは3万円台のものもあるようです。

購入者の口コミでは意外に満足している方が多いようです。その理由は、ルンバが良くゴミを吸い取って綺麗に掃除してくれるからだそうです。

但し、お部屋の角などは入りきれない部分もあるので埃の吸い残しもあるらしいです。

日本のロボットに関するテクノロジーは凄いですね。

これからも、もっともっとお掃除ロボットが開発されていくのかもしれませんね?

日本はこれから高齢化社会ですからロボットには期待してしまいます。

テーマ:とくとく生活情報 - ジャンル:趣味・実用

2012.11.19 | | ルンバ



«  | ホーム |  »

月別アーカイブ

sponserd link

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。